サーバ移行完了

のはず!!!!
見た目前と変わってないと思うけど、何かおかしいところあったらこっそり教えてください...

詳細後で書くかも→やった内容かいた
お名前.comさん今後ともよろしくな

やったこと
●ドメインの移管
いままでさくらで管理してたドメインもついでにお名前.comに移すことにした。
whoisの情報の代行サービスが無償だった分さくらのほうがよかったかも?
ネームサーバ回りはどっちもどっち感
ちなDNSをいまさら自分で立てる気にはならん...外部サービスクソ安いし...

●お名前.comのVPS契約
15日無償の表記あったから7月末に契約したら既に終わったサービスの記載が残ってましたごめんなさいされました
お、おう...

●サーバ基本設定
今回の移行でCentOS7になりました。yumで最新パッケージに更新

●データ転送
旧サーバのFTP管理データをrsyncで転送した

●ユーザ移行
パスワードやUID変わると面倒かなと思ってそのまま持ってきた

●FTP設定
proftpdの導入、設定
基本的に依然と同じ設定を踏襲
PAMの認証周りで以前は500番以下だったら的な部分が1000番以下になっていて全員引っかかるようになったのがクライマックス
結局各ユーザシェルを利用できるようにしたらなんとかなった...(今までは無効なシェルにしてた)
ろきさん検証手伝ってくれてありがとうな

●DB移行
今月頭にMariaDBに更新する必要なかったのでは...?ってなった
https://mariadb.com/kb/en/library/mysqluser-table/

MariaDB starting with 10.4
In MariaDB 10.4 and later, the mysql.global_priv table has replaced the mysql.user table, and mysql.user is now a view.

今回最新のMariaDB10.4を利用したんだけど、データベースを全体ダンプして移行しようとしたらこれに引っかかってエラーになった。
結局ダンプからuserテーブルの部分を削除して復元した後に手動でユーザを追加した。
今回はユーザ数も少なく、かつパスワードも判明してたからよかったけど、これ順番にアップデートしてたらいい感じに対応してくれるんかな...

●Ruby/Rails設定
rbenvの設定とgithubから持ってきてローカルの設定ファイルのみ手動で移植すれば済んだんで一番楽だったよね。
不足してた依存パッケージはそれぞれインストールしました。

●Webサーバ設定
今回WebサーバをNginxにしようかなと思ったけどPHP周りの手間が大きく時間の都合上断念した。
まぁ後からでも設定できるからな...
で、結局Apache入れたけど、バージョン上がってるので設定ファイルの記載をそこそこ修正した。
前の記載が効かなくなってるのは罠だったよね...

MT周りの依存パッケージの導入が比較的面倒だった。つーかMTもバージョン上げようと思ったけどコレも時間の都合で諦めたのよね...
適当に手を入れてるからすんなり更新できなさそうなのも一因だけど。

で、あとはCentOS7になったおかげでLetsEncryptの導入自体ははめっちゃ楽になった。

●監視設定
mackerel使ってるのでエージェントインストールして旧サーバの設定をコピー
(追加でDBやunicornのポート監視してるから)

●ログローテート、DBバックアップ設定
これも旧サーバから適当に移植

●さくらインターネットのVPS解約
最後に書いたけど、実際は試しに解約手続きを進めた際にどうも返金してもらえる感じだったので移行に踏み切ったってのが実情
ヘルプ等で見る限りクレカで年契約してるから途中解約不可のように見えたんだけど、利用月数分×月単価と手数料を差し引いた金額を銀行振込してくれるらしい。
とりあえず今日でさくらインターネット側の契約は終了となるようです。

リンク

メール
ツイッター:@chapan_G

現在応援中!